読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gimp2.7でPython-Fuを有効にする方法

Gimp2.7は開発版なのですが

とりあえず、有効化する方法が分かったので書いておく。
問題は、とりあえず動くなので結果が正しいのかどうかは知らない。

Ubuntu11.04でのお話。(他は知らない)
  1. まず、Gimp2.6をインストールします。
    1. このとき/usr/lib/gimp/2.0/pythonをコピーしておく。
  2. Gimp2.6をアンインストールします。
    1. sudo apt-get purge gimp
  3. 以下のサイトを見てGimp2.7をインストールする
    1. http://ankyo.blog.so-net.ne.jp/2011-08-25
  4. /usr/lib/gimp/2.0/pythonにコピーしておいたものを置く
  5. gimpfu.pyを書き換える。
    1. sudo nano /usr/lib/gimp/2.0/python/gimpfu.py
    2. gimp --verbose で起動をするとPF_REGIONという定数ないよと怒られまくるので、該当行を#でコメントアウトする。
  1. で、目的のスクリプトを配置する。
    1. .gimp-2.7/plug-ins/の配下に.pyファイルを置いて実行権限を与えれば完了。
既知の問題。

なんか異様に怒られますね。

called deprecated procedure 'gimp-drawable-is-layer'.
It should call 'gimp-item-is-layer' instead!

みたいに。

まあ、そんなに互換性を失ってなくて一安心。
しかし、この有様では完全に対応バージョン分けるしかなさそうですね。